オンラインレッスン 1ヵ月無料キャンペーン中!

ピアノの音色が変わるリラックス法

練習

ピアノの練習をしていると、肩が凝ったり、腕が疲れてきたりしませんか?

音色も硬くなってくるし、疲れると練習も楽しくなくなってしまうと思います。

良い音で、長く練習できるリラックス法が、

逆腹式呼吸

という呼吸法です。 

逆腹式呼吸は、

息を吸うときにお腹をへこませ、息を吐くときにお腹を膨らませます。

息を吐くときに、身体の硬いところやコリが緩んでいくように(流れていくように)イメージしながら続けます。

ピアノの練習を始める前に5〜10分程度、ゆっくり息を吐きながら体をゆるめてリラックスさせましょう。

頭、首、肩、背中……というように体の格部分を順番にゆるめていきます。

ピアノを弾く前にリラックスすることで、音色がまったく変わります。

また練習の途中で疲れてきたり、体に力が入っていると感じたら行ってもいいでしょう。

レッスン中でも、生徒がリラックスして弾いていないな、固い音になってるなと感じたら、逆腹式呼吸をしてもらいます。

その直後に弾くと、音色がまったく変わるのです。

人間は息を吸うときに自然と筋肉が弛緩し、吐くときに緊張しやすいので、吐くときに意識して体をゆるめることによって、リラックス状態をつくることができます。

ぜひ試してみてください🎶

参考書籍