オンラインレッスン 1ヵ月無料キャンペーン中!

筋トレ中に聴くと良い音楽

音楽

筋トレ中に聴く音楽は、男性と女性で効果が変わるそうです。

奈良教育大学の研究で、70人の参加者にさまざまなタイプの音楽を30分間聴いてもらい、参加者の唾液からテストステロンの値を測って集計しました。

男性が聴いた場合

結論としては、男性は筋トレ中は音楽を聴かない方がいいようです。

男性は音楽を聴くと、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が下がります。

そうすると、筋肉の合成が弱くなり、筋トレの効果が下がってしまいます。

いろいろなタイプの音楽を聴いてもらうと、男性は全体的にテストステロンの値が下がりました。

〈男性のテストステロンの数値を下げる音楽ジャンルランキング〉                       

  • 1位 自分の好きな曲
  • 2位 ポピュラー音楽
  • 3位 ジャズ
  • 4位 モーツァルト 
  • 5位 グレゴリオ聖歌

女性が聴いた場合

女性はどんな音楽を聴いてもテストステロンの数値が上がりました。

〈女性のテストステロンの数値を上げる音楽ジャンルランキング〉

  • 1位 ジャズ
  • 2位 自分の好きな曲
  • 3位 モーツァルト
  • 4位 ポピュラー音楽
  • 5位 グレゴリオ聖歌

音楽は人を中性的にする

よく、「音楽には性別の壁も文化の壁も関係ない」といわれますが、ある意味で音楽は人間を中性的なところにもっていく可能性があるといわれています。

では、男性は音楽を聴かない方がいいのかというと、メリットもあります。

筋肉を分解するストレスホルモンのコルチゾールの分泌を下げてくれるのです。

男性は筋トレの前後に自分の好きな音楽を聴くといいでしょう。

まとめ

男性は、筋トレの前後に音楽を聴いて、筋トレ中は耳栓かノイズキャンセリングのヘッドホンをする。

女性は、自分の好きな音楽を聴いてトレーニングしよう。

参考書籍

最高のパフォーマンスを実現する超健康法 [ メンタリストDaiGo ]